“My bell-end ain’t at the top of my shaft” PARTY Le Petit Mignon x mograg garage x TOTALCARE presents

“My bell-end ain’t at the top of my shaft” PARTYLe Petit Mignon x mograg garage x TOTALCARE presents

開場 18:00 / 開演 18:30

料金 2500円 (ドリンク別)
Le Petit Mignon、mograg garage、TOTALCAREによる史上稀に見る強烈な一夜がここに実現!
ライブペイントは世界初披露となる市場大介!そして北海道のアンダーグラウンドアーティストPYOSHIFUMIX TANIUCHI、独自のファンタジックペイントを炸裂させる沖冲が登場。
展示は東京mograg garageと大阪Galaxy Galleryに出展されていたヨーロッパの今もっともキてるアンダーグラウンドアーティストの作品が一挙集結。信じられないほど安い価格でマルチプル作品を展示販売します。 VJは20tn!から完全D.I.Y.VJのms5sickが参戦し、COLORgungのデコとプリミ恥部の宇宙マッサージが会場をネクストレベルへと押し上げる! この日、異空間と化すSuperDeluxeに是非ご来場下さい!

Music

LIVE:
BING a.k.a. kajiwara toshio (thegodsarecrazy)
千住宗臣
αAREA (soujirou/sunouchi kemm)
ASTRO
PAINJERK
MARUOSA
TOTALCARE
DJ:
Insultor (gui siffert from staalplaat / le petit mignon)
置石

Visual

展示:
Le Petit Mignon presents: “My bell-end ain’t at the top of my shaft” exhibition -superdeluxe ver.-
Artist:
anef (France)
Zven Balslev (Denmark)
Noémie Barsolle (France)
Zeke Clough (U.K)
crippaXXXalmqvist (Sweden)
Le Petit Mignon (Germany)
Mats!? (Sweden)
Jeong Hwa Min (South Corea)
Juk Molm (?)
Zeloot (The Netherlands)
LIVE PAINTING:
市場大介
沖冲.
PYOSHIFUMIX TANIUCHI
VJ:
ms5sick (from 20TN!)
DECO:
COLORgung
宇宙マッサージ:
プリミ恥部
////////////////////////
VVVVV
追記
3年ほど前毎週ライティング活動していた時、ふとこの国の外、今活動しているシーンの外は、一体どうなっているんだろう??と想いがもたげ、それを確かめるつもりで、ヨーロッパ中のクラブというクラブを見に行かなくては!行きたくてたまらなくなり単身3ヶ月ほどアムスーベルリンーパリースペインと日々夜遊びの為に渡欧した事がありました。
ちょうど日本にベルグハイン旋風、ハードミニマルのリバイバルが吹き荒れる前夜、ベルリン1の大箱という事で何の気になしに訪れたベルグハインでのluke slater, shed,surgeon adam bayer…往年のハードミニマリスト総出演の3daysに渡るラインナップには正直期待ゼロでしたが、延々と続く怒涛のシバキには完全に虚を付かれ、腹をアッパーで殴られ続けるるようなキックとハーシュな上音の応酬に朝まで吹っ飛ばされ続け、呆然とした朝方の頭にはビールジョッキを持って半裸で踊り続ける男達を背景に図らずも「テクノ」の3文字が白い発光コマの如く焼き付きました。
日々どこかしらで誰かしら好きなDJがプレイしていて、またローカルにも素晴らしいDJがいたり、欧州圏の日常にかなわないスケールを感じつつ、客が3人くらいしかいない小箱、またはビール工場をまるごと使ったアンダーグラウンドなビッグパーティーに遊びに行っても、殺人的なテクノはあっても探していた日本のオルタナティブなダンスカルチャーの先を行く様なぶっ飛んだ表現はこと光やデコに限ってはそこには見当たらず、 海を越えたクラブカルチャーそのものに、何か根本的な位相の違いを感じ、一方で外から見た日本のシーンのその独特なカルチャーが眩しくも感じました。
情報、文化、さまざまな所に決定的な差異を痛感し日々、国々地域ごといろいろなルールの中それを追ってく中で、アレキサンダープラッツにあった日本でいうロスアプソンの様なレコードショップ、今回来日しているギョームの運営するle petit mignonに辿り着き、ジンやカセット、チープなコラージュアート、見た事の無いレコードなどが充満する店内の匂いにすっかりやられ、そこに通う内にいろいろ遊びに連れて行ってもらったりの日々が始まりました。consumer electronicsのライブや、スクオット、レコードショップでのイベントなどなど。自分にとってはダンスカルチャーに触れる以前に好きだった様なエクスペリメンタルだったり、ジャンクな表現と再び外から対面して、当時自分の抱いてた幻想、ルールと言うか、そこのしこりが溶けてほどけた大きな瞬間がありました。
でその後も友達がベルリンに行くたびにみなギョームにお世話になったり、店で展示したり、ギョームも何度か日本にきてはめちゃくちゃ泥酔したり、名古屋のアジアでやったパーティー連れてって遊んだり、温泉で友達にケツ舐められたりこっちでもいろいろ楽しい事あって、で今回はモグラグとギャラクシーギャラリーでの展示が決まったので、気合い入れて企画してやりました。なげえ・・・
豪華なメンツがラインナップされてますが、向こうで既に何度かギョームと関わりのあるアーティストと、あと自分が尊敬するアーティストに声かけさせてもらって、ベルリンで感じたそんな匂いと差異を今回のイベントに投影させてもらってます!  エア異文化交流///

Leave a Comment