read

…///
その頃、古本屋で入手した雑誌「遊」第7号に小杉さんのインストラクションの作品集が掲載されていました。この雑誌で小杉さんの作品をまとめて知る事ができました。そこには「キャッチウェーブ」のマニフェストも載っていて、「音楽はだから、たかだか毎秒20〜20000サイクルの範囲で振動する波動しかキャッチすることの出来ない聴覚回路との馴れ合い状態のみに成立するものではない。」という魅力的な文章もありました。「キャッチウェーブ」は小杉さんの重要なコンセプトで、音、光、電波を波長は異なるが同じ「ウェーブ」として捉えます。すると、音楽の対象が音だけではなく、光、電波も含まれる。この視点で考えると音楽の形が広がります。また、電波が音に、光が音に変化することで、見えないものが聴こえてくる。「謎ときとしての音楽。光速をもつ音と沈黙。音速をもつ光と影。」この電波、光、音のエレクトロニクスによる変換経路がインターメディアになります。この作品は高周波受信機と紐で吊るした高周波発信器をその近くに垂らします。すると、この聴こえない発信器と受信機の電波の干渉による可聴波の発生で音が聴こえます。紐で吊るされた発信器は近くに置かれた扇風機のそよ風に揺られて受信機の音が変化します。さらに、光導電素子を使い、ライティングの変化で音を変化させます。扇風機に演奏をさせるという小杉さんらしい美しい作品です
///…

小杉武久 様


text by Kazuo Imai 追悼 小杉武久 RIP Takehisa Kosugi

…/
間によると小杉はある時、これから訪れる世界について、予言的な言葉を残したのだという。それは「20世紀の末期は北半球の音楽と南半球の音楽の対立によって面白くなるだろう。それはそしてインド音楽とアルゼンチン・タンゴとの闘いになるだろう」(同書、1982、16頁)というとても奇妙なものなのだが、間はこれを次のように解釈したうえで、小杉を後者の急先鋒として位置付ける。
小杉の呼ぶ「インド音楽とアルゼンチン・タンゴとの闘い」とは、ジャズに即していえば(もともと間はジャズ批評家である)スゥイング・ミュージックとしてのジャズと、アンチ・スゥイング・ミュージックとしてのフリー・ジャズの対立であり、さらにいえば「それは汎リズム的ヴァイブレーションと(、)逆立したシニカルでどぎついビートとがどこでどう切り結んでどれだけの性格破産を、修羅場を生み出してゆくか」(同、読点引用者)の対立ということになる。
ここで間が呼ぶスゥイング・ミュージックとは、端的に言えばファシズムに呑まれていくなしくずし(=際限のない分割払い、終わりなき日常?)の全体のことであり、アンチ・スウィング・ミュージックとは、反ファシズムとしての個の解放(生の一括決済、破産?)のことを指している。こんなふうに図式化してしまえばそれまでのことだが、肝心なのは、この反ファシズムとしての解放のためのアンチ・スゥイングを、演奏家である以前に個でしかない人間が、どのように具体的に実践していくかということなのだ。ここで間の考えるファシズム=スゥイング(集団的揺動)というのはかなり広い概念で、政治的な次元を超え、端的に音楽や美術、アートというふうに「束ねられる(ファシズムの語源としてのファッショ)」事態そのものを指している。ではそれがなぜインド音楽とアルゼンチン・タンゴとの対立になるのか。間は両者について、「インド音楽がスラヴ系の音楽とペルシャ系の音楽の死の影の上にこそ極度にソフィスティケイトされていること、アルゼンチン・タンゴが殺されたインディオとヨーロッパの近世音楽と黒人の4ビートを犠牲とした上で成り立っていること」(同、17頁)と対照させている。つまり、音楽ということを抜きにしていえば、北半球的な帝国主義による殺戮の隠蔽が産み落とした歴史的ソフィスティケイションと、南半球的な殺戮の顕在化による脱・歴史的で「滅茶苦茶な混成」(同)との対比ということになる。間が「ジャズ」といい、小杉が「音楽」と呼ぶのは前者の側にあり、むろん「アート」もそこから免れることはできない。だとしたら、いかにして歴史のファシズムと、その制度化のなかで見えにくくなっている表現の現場から、「滅茶苦茶な混成」を引き出し、それを踏み台にして個を解放するか、が問われていることになる。間にとって小杉とは、そのようなことを択しうる本当に稀な存在であったのだ
///…
https://artscape.jp/focus/10154654_1635.html
text by 椹木野衣 小杉武久とマランダという名の亀、その終わりのない旅と夢

Heartbeats to the Moon ?

lucier’s new composition – Heartbeats to the Moon !?

from aerocene web
https://forum.aerocene.org/t/aerosolar-activities-at-palais-de-tokyo-paris/242

HEARTBEATS TO THE MOON, FRIDAY 26.10.2019, 9PM
ALVIN LUCIER, PALAIS DE TOKYO

Alvin Lucier, a pioneer of experimental music, imagines two new pieces inspired by conversations with Tomás Saraceno about inter-species communication with spiders, and sending signals to the Moon, using the “Moon Bounce” radio-communications technique. During this performance, Alvin Lucier will have a dialogue with a spider/web. Then, Alvin Lucier’s heartbeat will be picked up by a special sensor, routed through the silk strings of a Qin —an ancient Chinese stringed instrument—and transmitted to the Moon. It takes approximately two-and-a-half seconds for each heartbeat to bounce back to Earth, depending on the irregularities on the surface of the Moon. These reverberating sounds echo a cosmic jam session.

Just found through Lucier’s recent interview, bouncing sound by irregularities on the surface of the Moon..!? imagine inter-galactical ultra-long distance feedback.. what a.. x.. , held this autumn in paris i must go

INTERVIEW – “DO SOMETHING ORIGINAL
https://tapeop.com/interviews/130/alvin-lucier/

New creation (proto)

 

2018.10/5~8 ANTIBODIES collective [エントロピーの楽園] at犬島にて新作のプロトタイプの上演をしてました。

 

HE?XION! NITE #24  “CABARET DEATHMIX!!!” /2018/7/27(Fri.)

HE?XION! NITE #24 

CABARET DEATHMIX!!!

2018/7/27(Fri.) 18:00-00:00

“an evening of in-your face performance action & spontaneous music.”

 

LIVE IN ACTION!!!

アリスセイラー(Alice Sailor. ex-Amaryllis, ultrabide)

-piercing cosplay vocalism by an early JP avant-wave legend!

蝶惑星 (“cho-waku-sei” #me_li_n_nu #神田旭莉)

-psychoactive ultra maids from hell? beware!!!

Koo*Nee

-out of control! explicit outsider performance go off wild!

Crawling To Lhasa (Bing & Yasushi Yoshida)

-accidental transmissions from far-east under siege!!

煙巻ヨーコ(Yoko ”Kemumaki“Higashino)

-spontaneous erastic body action extreme!

関口大和(Yamat Sekiguchi)

-extraterrestrial light mechanoid!

99 Hooker + Akio Mokuno(form USA)

-Electroputas’ frontman and live media art freak fest!  

ケンジルビエン & 中田粥(Kenjirubien & Kayu Nakada)

-art of spasm and direct current electrocution kill off!

したっぱ親分(ShitTappa Oyabun)

-peak fuzz blow-out trio on acid test!

 

SPECIAL GUEST IMPROVISORS!

太田泉(Izumi Ota)

-hyper organic mutant rhythm and abrasive textures!

Dave Moss (contrabass)

-free jazz injection!

 

DEEJAYS!

KA4U (Midi-Sai)

SEI (神宮前bonobo店主)

自炊

DJ威力

カーリー

WATARU(W)

 

ET Vol3 (Electric Treatment) -映像と電子音楽の夕べ- 2018/7/20(Fri) at JIKAN Design内 Space

E.T. Vol.3 (Electric Treatment)
-映像と電子音楽の夕べ-

2018/7/20(Fri)
open 19:00 / start 19:45
place:JIKAN Design内 Space
adv 1500yen / door 2000yen (共にdrink別)

※FACEBOOKイベントページにて当日15時までに「参加予定」の方は前売り扱いとさせて頂きます。
メールでのご予約は、event@jikan.tv までご予約下さい。

JIKAN 〈space〉

The Secret of Life: Cosmic Rays and Radiations of Living Beings

George Lakhovsky

was a Belarusian-French engineer, scientist, author and inventor.
His controversial medical treatment invention, the Multiple Wave Oscillator,
is described as having been used by him in the treatment of cancer.

回路図を見ていると結果として動作しているその絶妙なバランスに-昼夜生命を回してる臓器の奇跡的な構成を思い浮かべる事があるのだが、この旧ソ連ベラルーシで生まれフランスで活動した科学者ラコブスキーのアイデアを知り、ー「生きている細胞と電気回路の類似性」この様な事を考えてる人がやっぱいるんだなと。以前この辺の考えを展示しようとしてあまりに時間がなく中途半端なものになってしまったので、いずれは時間を作ってしっかり取り組みたい。またこの辺りトンデモ科学と言われることもある領域だが結果や効能よりそこに至る発想や結果として産まれた装置などの方が自分にとっては全然大事なのでその辺りはどうでも良いというかむしろウェルカムなのです。以下ITメディアより転載

 

//////////

1896年にロシアで生まれたジョルジュ・ラコブスキーは、その後フランス市民となり、第一次世界大戦のときにはフランスのためにロシアと交渉、フランスで不足していたメチルアルコールを確保するなど、その尽力が認められ、名誉あるレジオンドヌール勲章を受章した人物です。

ラコブスキーは生命と生物のことを考え続けた科学者であったということができますが、1924年に彼がスペインの無線局にいたときに目撃した、ある印象的な出来事が彼の科学者人生に大きく影響を与えました。

彼はここで、無線が送信されている間、鳩舎から出たハトが方向を見失ってグルグル旋回し、送信が終わると何事もなかったかのように巣に戻っていくのを目の当たりにし、無線の高周波がハトに何らかの影響を与えているに違いないと考えます。

ハト以外の生物も詳しく観察した結果、ラコブスキーは、生きている細胞と電気回路の類似性に着目します。彼は、細胞核の中にある染色体の基本構造である「染色糸」が一種の電気回路であり、それは高周波で振動してさまざまな波長の放射線を出していると考えました。そして、さまざまな病気の原因は、本来正常に振動している健康な細胞に対し、外部からやってきた細菌が強烈な放射能を浴びせて、細胞の振動を狂わせるために起こるのだという大胆な仮説を立てます。

ラコブスキーはこの仮説を実証するため、毎秒1億5000万回の振動に相当する、波長約2メートルの電磁波を出す装置「ラジオ・セリュロ・オシレーター(無線細胞振動子)」を考案します。人工的に腫瘍(しゅよう)を作ったゼラニウムをこの装置で治療する実験を行うと、装置の放射線にさらされたゼラニウムの腫瘍(しゅよう)は、2週間あまりで縮みはじめ、ついには完全に消えたといいます。

さらに研究を続けたラコブスキーは、1931年にラジオ・セリュロ・オシレーターの改良版である「マルチウェーブオシレーター(Multiple Wave Oscillator:MWO)」を考案。この装置は、2つの同心円状のリング(振動子)を150センチほど離して向かい合わせに配置したもので、2つのリングの間に立った患者に対して、リングから波長の異なるさまざまな高周波を同時に放射する仕組みでした。

Multiple Wave Oscillator(出典:Altered States)

伝えられているところによるとMWOの治療効果は顕著で、基底細胞ガンのほか、中耳炎、前立腺肥大、あるいはぜんそくや不眠症、神経痛などの治療にMWOが効果的であったことが報じられています。こうしてラコブスキーのMWOは欧州で広く使用されるようになっていきました。

第二次世界大戦でフランスがドイツに占領されると、ラコブスキーはフランスを去って米国に亡命します。当時、彼のMWOは米国・ニューヨークの大病院でも実験的に使用されていましたが、ラコブスキーが1942年に亡くなると、MWOは急速に病院から姿を消していきます。MWOのような電子治療が禁止されていたこともありますが、何より科学的根拠がないとみなされたようです。米国特許も取得したMWOですが、こうして表舞台から姿を消していきました。

1960年代に入ると、米国の技術者であるボブ・ベックが、10年以上も放置されていたMWO(テスラコイルを使った改良版MWOとされています)を修理し、その治療効果を検証します。ここでもMWOは症状の緩和などの効果を示し、MWOは再びちょっとしたブームを巻き起こします。

しかし、ラコブスキーのMWOは今日でも一部の科学者を除いてさほど見向きもされていません。ラコブスキーが作り上げたMWOは微細な調整が求められていたようで、再現性が低いことも影響しているのかもしれません。その扱われ方をみると、分野は違いますが、丸山ワクチンと同じような扱いであるとみることもできます。

ラコブスキーが発明した「伝説の治療器」MWOは、科学が彼の理論に追いついたとき、再びブームを巻き起こすのかもしれません。

/////

この本も気になる

 

The Secret of Life: Cosmic Rays and Radiations of Living Beings

2018/7/22 ギブミー抗体!!! @岡山 KAMP

犬島公演関連企画 vol.1

 ギブミー抗体!!!  

in Okayama

 

7月22日(日)open/ start 13:00/14:00

@KAMP(岡山県岡山市北区奉還町3丁目1−35)

ーーーギブミーベジタブルとアンチボの犬島公演向けた共同企画ーーー

自分たちの未来は自分たちでつくらなければならない。当然のことのように聞こえるけど、東日本大震災を経るまで私にはその意味が解っていなかったと思う。「自分たちでつくる」とはつまり、他者と真剣に向き合うということ。誰かが保証してくれる平和の幻想というバブルの中に隠れるのは止めにして、積極的に自らの身体の中に「抗体」を取り込んで、一方的な制度や固定概念が撒き散らす毒や不理解から心と身体を守る。そして人間文化の復権と革新を目指す、自主自立の精神に支えられた社会をつくる。私たちは舞台芸術という様々な鍛錬が交差する場所にフォーカスしていた前歴もあって、理解に基づいて共鳴する関係性の力をハーネスして、自分たちだけでは決してつくることが出来ない新しい社会的芸術の地平を模索したいと考えました。そして、その体験と蓄積を積極的に社会へと接続するための新しい回路を創ると宣言したのです。この度は、その「ANTIBODIES COLLECTIVE」が1年間に渡るリサーチと実験を経てお届けする『エントロピーの楽園』犬島公演の構成部分である「村」の演出に関わる、岡山周辺をベースに活動する食文化のクリエーター達が前半の『GIVE ME VEGETABLE』に集結します。ギブミーを主宰する二人とは、まさに東日本大震災の後、放射線量が高くて外で遊べない子供たちを食と音楽の喜びで共に励まそうと、車に積めるだけの食べ物と楽器を積み込んで、ガイガーカウンター片手に被災地へと急いだ同朋たちであります。深い悲しみと絶望の淵から立ち上がってから7年の年月を経た今、新たなコラボレーターたちを交えて共に初心にかえり、創造の喜びと可能性に満ちた私たちの未来を祝福したいと願っています。秋には犬島の風土と歴史を媒介にして、日本の近代化とは何であったのか?そして私たちは何処へ向かっていくのか? 皆んなと共に考え、創造する所存です。どうぞよろしくお願いします!!!
(カジワラトシオ・ANTIBODIES代表)

#13:00ー18:00

《入場料》
野菜(肉、米、魚など食材大歓迎!)

《料理人》
ウエダ タカヤ(ramanmatatavi 尾道)
AYUMIごはん(広島 音楽食堂ondo)
シャビン ジャバー(パイシーパイス 岡山)
日沼紀子(スパイス調合家 岡山)
武田隼人(奉還町みつの 岡山)
鈴木大輝(発酵わくわく大使)
ヤスダ屋
南風食堂

《ACT》
K.U.D.O.(MAJOR FORCE)
Bing aka Toshio Kajiwara
monk α
chann yuu
Erochemist aka 池田社長

《お店》
八方美菜
wacca farm
Big O project カザマナオミ Lifeprinting service
自然食コタン

#18:30ー24:00

[ギブミー抗体!!!]

Charge 1000yen

[[Performance]]
ANTIBODIES Collective
YPY / 能勢遊神 / JON(犬)/ BING / ミナミリョウヘイ / ケンジルビエン / YAMAT / Kiyoca / Paradise Alley and more……

《SOUND》
HAMASTAR

ANTIBODIES Collective
■MEMBERS
コンセプト・構成・音楽 : カジワラトシオ
振付: 東野祥子
空間演出・美術・装置 : OLEO
特殊効果・美術 : 関口大和
即興演奏: YPY / JON(犬)
身体パフォーマンス: ケンジル・ビエン、吉川千恵、加藤律、矢島みなみ、ミナミリョウヘイ、田路紅瑠美、尾身美苗、斉藤成美、メガネ、菊池航、東野祥子
衣装:HE?XION!、西岡七歩子
テクニカル・マネジメント:ヤノタカオ
美術・テクニカル:西村立志、倉持裕二、Moriken

協力: KAMP
助成:公益財団法人 セゾン文化財団、公益財団法人 福武財団、芸術文化振興基金

Superstar & star

スーバースタの手作りマカロニパイをtapesジャクソン宅で笑いを必死にこらえながら何とか食べたのも今となってはいい思い出

 

追記*皆にこの謎を知ってもらいたく

全ての出来事は偶然か必然か

 

キックの音が狂ってて最高↑

 

奇跡か

 

雑な映像処理だけでここまでホラーとは 怖い!

 

 

最後に登場 右がSTAR 左がSUPERSTAR で SUPERSTAR&STAR という事でした。 おつかれさまでした。